CFMD

家庭医療学開発センター(Centre for Family Medicine Development:CFMD)は、家庭医療の教育・研究活動、診療所開発により医療生協組合員および地域の人々の健康状態の向上に資することを使命としています。

家庭医療後期研修プログラム(レジデンシー)の運営

日本プライマリ・ケア連合学会認定家庭医療後期研修プログラムを運営しています。家庭医療学開発センター(Centre for Family Medicine Development:CFMD)のレジデンシープログラムは、創造的かつ地域基盤型医学教育研究の成果を反映した内容をめざし、プログラムの質改善に常に取組みます。日本や世界各地で家庭医療のリーダーとして活躍できる人材を育成します。

フェローシッププログラムの運営

レジデンシー修了後、家庭医としてさらに学び続けるためのフェローシッププログラムを運営しています。家庭医療におけるリーダーシップを担う指導医や質の高い在宅医療専門医の養成に加え、今後いっそう多彩なプログラムの構築、運営を行います。

家庭医療学の研究

診療所を基盤とした、家庭医療に関するさまざまな研究活動をすすめ、日本および世界の家庭医療学の発展に寄与します。

家庭医療の実践を行う診療所の開発

医療生協の診療所を中心として、効率的・効果的で質保証された家庭医療の実践を行うモデルとなる診療所づくりを行います。