レジデンシー 近畿

都市型・地域型診療所を拠点とし、自己主導型学習(Self-directed learning)による家庭医の研修を行います。研修の3年間で家庭医の基礎および一部の発展的な要素を学び、その後、生涯学び発展し続ける家庭医をめざします。レジデンシー修了後、日本プライマリ・ケア連合学会専門医認定試験の受験資格が与えられます。
2013年度からはじまったCFMDの4つめのレジデンシーです。近畿で家庭医になる研修を受けたい方、ご質問などある方、見学ご希望の方など、お問い合わせください。

研修の目標

  1.  医師としてEBMや予防医療を重視したよく訓練された臨床能力をもち、地域保健医療活動への参画を重視する視点を身につけ、都市部診療所において、非選択的な外来医療、在宅診療、保健予防活動をバランスよくおこなえる家庭医療専門医に必要なコンピテンスを獲得すること。
  2.  指導医として学習者中心の臨床教育を実施できるようになる。
  3.  研究者として臨床疫学、行動科学、地域指向性プライマリケアに関する研究や実践の基礎的能力をもち、地域の健康問題に対して科学的な視点でアプローチできる。
  4.  生涯学習者として自己決定型学習を実施できる。常にアップ・トゥ・デイトな情報にアプローチでき、EBMを実施しつつ、反省的実践家としての家庭医らしい生涯学習をおこなうことができる。
  5.  さまざまな地域プロジェクトにかかわり、リーダーシップを発揮することができる。
  6.  仲間として常に協同で学び、チームの一員としてその責任と役割をはたすことができる。
  7.  医療生協の発展に寄与するとともに、地域との様々な協同をすすめ、さらに世界の地域医療に貢献することができる。健康感・公平・正義などの価値観を涵養し、住民の主体形成への支援的かかわりができる。

カリキュラムの概要

研修期間:3年間
都市型診療所を拠点とする家庭医に求められるコンピテンスを勘案し、内科、老年医学と小児科(小児保健)、緩和ケアの比較的深い知識と技術の獲得を 強調したローテーションスケジュールを組織する。また、整形外科領域や皮膚科領域などは、個別ローテートでは設定せず、教育診療所研修期間中に可能な形と する。また精神科領域については、行動科学、psychosocial medicineとして通年的に学ぶ課題として設定する。

ローテーションスケジュール例

Horizontal Curriculum(標準型)
1年目 地域研修病院における総合内科研修
所属診療所へのワンデイ・パック(外来・往診)
2年目 小児研修 緩和ケア 僻地医療・救急医療 etc
所属診療所へのワンデイ・パック(外来・往診)
3年目 教育診療所での外来・往診
通年エレクティブ(整形外科、皮膚科、ウィメンズヘルスなど)

研修施設

教育指定診療所(5ヶ所) たじま医療生活協同組合 ろっぽう診療所  藤井高雄
医療生協かわち野生活協同組合 はなぞの生協診療所  石井大介
やましろ健康医療生活協同組合 あさくら診療所  河本一成
尼崎医療生活協同組合 本田診療所 森敬良
主たる研修病院群 (2ヶ所) 尼崎医療生協病院(内科、小児科、産婦人科、緩和ケア/兵庫県尼崎市)東大阪生協病院(内科、リハビリ/大阪府東大阪市)

カリキュラムの特徴

Horizontal Curriculum

地域に貢献できる家庭医となる観点から以下の内容を3年間のプログラムを通じて一貫して実施する。

  1. 診療所における継続外来・在宅診療(one-day back)
  2. レジデント・デイ(1ヶ月の振り返りとClinical Jazz)
  3. レジデント・セミナー(家庭医療のコアとなる領域の集中セミナー)
  4. プロジェクト・ワーク(プライマリ・ケア領域に関する研究プロジェクトを行う)

3年間教育指定診療所所属

所属は教育指定診療所とする。活動拠点はローテート研修先にかかわらず1カ所の教育指定診療所とし、家庭医のメンターをもつ。なお、プログラム管理は、医療福祉生協連 家庭医療学開発センターが行い、プログラム管理委員会を関連科の代表者で構成することにより、多くの法人にまたがった診療所基盤型のレジデンシーの構築を可能にしている。

質の高い形成的評価と総括的評価

  1. 日本家庭医療学会に準拠した研修目標に医療生協独自の研修目標を勘案した23領域におけるエントリーにより構築されたポートフォリオによる総括評価を行う。またこのポートフォリオ作成のモニタリングとサポートを定期的に実施する。
  2. 家庭医療専門医は広範囲の健康問題に関し網羅的な知識を必要とするため、シニア1、2学年終了時点でのMEQ(Modified Essay Question)を中心としたITE(In training Examination)を行う。
  3. レジデンシー修了後、日本プライマリ・ケア連合学会専門医認定試験を受験する。

メンタリングとサポートシステム

管理システムから独立したメンタリングによるサポート体制を家庭医療学開発センターが保障する。

  1. ミニ・フェローシップ主としてシニア3年目でミニ・フェローシップ(通年的エレクティブ、週1単位)を選択できる。医学教育、行動科学、皮膚科、整形外科等
  2. 多彩な外部ファカルティー家庭医療学センターが蓄積している外部のアドバイザーとのネットワークを活用する。臨床疫学、EBM、医学教育、生命統計学、医療政策、医療経済のスペシャリストに指導医陣に加わっていただくことにより、より質の高い研修を可能にしている。

メンバー紹介

kinki (1) 森 敬良(もり たから、プログラム責任者、プライマリ・ケア認定医)
プログラム責任者をしています。日本プライマリ・ケア連合学会では男女共同参画委員、大都市圏医療委員を担当しています。ワークライフバランスと生涯学習を軸にプロの家庭医を多く育成したいと思っています。
kinki (2) 平尾悠介(ひらおゆうすけ、登録医、プライマリ・ケア認定医)
私は2014年に地域の診療所で開院するとともにCFMDレジデンシー近畿の登録医として日々勉強させて頂いています。ペインクリニックから家庭医の世界へと飛び込み家庭医としての経験がない事から不安はありましたが登録医制度によって、その不安は払拭されています。1週間に1回のレジデント・デイ、時にフェイスブックを活用する事でリアルタイムに離れた場所にいながらも日常診療における悩み、問題点を相談する事が出来ます。また診療を客観的に評価して頂ける機会があり、そこから自身の診療を見直す事で医師としての成長に役立っていると実感しています。
これまで受けた経験として
◯1日外来フィードバック
指導医の先生から1日外来について頂きそこで実際に診療した内容について患者さん1人1人のフィードバックを行います。
◯360度フィードバック
一緒に勤務する看護師、医療事務のスタッフの方達から患者さんへの診察時間、説明する言葉、態度など、診療についての評価意見を頂きます。家庭医のプログラムに参加出来ない先生方、開院されている先生方には、登録医制度は素晴らしいプログラムだと思います。
kinki (3) 稲岡雄太(いなおかゆうた、後期研修医)
kinki (4) 遠藤浩(えんどうひろし、後期研修医)
kinki (5) 諏訪園恵野(すわぞのえや、登録医)
現在、1歳と2歳の愛娘がいます。母として、妻として、医師として、、どのように生きていくのか、子育てしながら医師として成長していけるのか、とても悩みました。しかし現在は登録医という制度のおかげで、きちんと学びながら少しずつですが、成長出来ていると感じています。週に6単位外来や往診をしています。そのうち1単位を本田診療所で研修させてもらっています。他の勤務先での診療の相談もたくさんさせてもらえて、研修以外の場での診療もその場で終わることなく学びながら頑張れていると思います。
kinki (6) 三宅麻由(みやけまゆ、指導医、家庭医療専門医)
kinki (7) 藤井高雄(ふじいたかお、指導医、プライマリ・ケア認定医)
kinki (8) 石井大介(いしいだいすけ、指導医、家庭医療専門医)
家庭医後期研修プログラムなごみ(現 大阪家庭医療センター)で研修後、CFMD東京で家庭医指導医として学び、2012年より「はなぞの生協診療所」の所長を務めています。
ラグビーと物づくりで有名な花園は、音楽が流れるとみんなが河内音頭を踊り出すような、楽しくて人情味のあふれる町です。そこで子どもからお年寄りまで幅広く関わりながら、地域住民の予防・保健活動に取り組んでいます。
得意分野は在宅医療。とくに背景が複雑でみんながどうしよう?と悩む患者さんに関わることにやりがいを感じます。
プログラムでは指導医という立場ですが、直接の指導というよりもむしろ、研修医が自分の目標を見つけ、学びを進めていけるよう道しるべを示せるような、メンターとしての存在になることを目標に日々研鑽中です。